VAK検査ってご存じですか?

 

こんにちは!

 

英語が苦手なあなたをサポート♪

 

全国どこでもマンツーマンレッスン。

大人のための英会話教室Jusdit

講師のまゆこです。

 

 

 

あなたはVAK検査をご存じですか?

 

 

VAKとは、

V…visual(視覚)

A...auditory(聴覚)

K...kinesthetic(体感)

の頭文字をとったもの。

 

 

簡単に言えば、私達の持つ五感のことです。

(味覚と嗅覚はK(体感)に含まれます)

 

人は外からの情報を理解しようとするときや、何かを考えようとするときなど、

 

情報を自分の中で処理するときに、

 

五感の中で優位に働く感覚があるんです。

 

 

自分が視覚情報に強いのか、

聴覚情報に強いのか、

それとも体感情報に強いのか、

 

それらを知っておくことで、

仕事面や、

人とのコミュニケーション、

学習面において、

効率よく情報処理を行うことができます。

 

 

どういうことかというと・・・

 

 

例えば、V(視覚情報)を優位に働かせる人は、

 

学習面において

見た目や色、絵やイラストに無意識に反応します。

 

教科書などは目立つ色でアンダーラインを引いたり、

図やイラストを使って勉強をすると

頭の中にイメージが残りやすいので、

効率よく学習することができます。

 

また、

机の上がごちゃついてると気が散るので、

きちんと整理してからでないと

集中して学習できない傾向にあります。

 

 

 

A(聴覚情報)を優位に働かせる人は、

耳からの学習が効率的です。

 

ノートを書き写すよりは、

先生の話を聞いている方が好きで、

何を言ったか記憶に残っている。

 

音声学習やセミナーや講和など、

耳からの情報だけで

頭の中で整理するのが得意なのです。

 

また、

音に強く反応しますので、

音楽を聴きながらの学習は苦手です。

気が散ります。

 

 

ちなみに私はAが一番強いタイプです。

音楽聴きながらとか、かっこいい勉強なんて出来ません。←どーでもいいw

 

 

 

K(体感情報)を優位に働かせる人は、

 

書いて覚える

実際にやってみるなど

自分の体を使って物事を覚えることに特化しています。

 

暗記ものはひたすら紙に書いたり、

部活動ではひたすら反復練習したり、

 

一見効率悪く思えますが、

Kが強い方にとっては

いざ!というときにこの体感覚で習得したものが

力を発揮してくれます。

 

 

 

 

Jusditの各種コースは全て短期集中コース。

 

なので出来るだけ効率よく生徒様の力を引き出せるように、

このVAK検査を全ての生徒様に実施しています。

 

 

偶然ですが、

最近ではV(視覚情報)に強い生徒様が多数!

 

そして傾向が同じです。

 

 

「勉強するときは、まず机の上の整理から始めます。

そしてそれで終わってしまうんですよね〜笑」

 

 

と皆さん声を揃えておっしゃるのです。

 

 

A(聴覚情報)に強い私は、

机の上がごちゃついていようが

全く気にならず集中できます。

 

 

しかし、

カフェなどの音がする場所では集中して勉強できず、

図書館などの静かな場所が好みです。

 

 

さてあなたはどの対応でしょうか?♪

 

 

ぜひご自分の特性を知って

効率よく英語学習に取り組まれてくださいね。

 

 

Jusditではご希望の方に

個別での体験レッスンを開催しております。

 

その体験レッスン内で

あなたのVAK検査もできますので、

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね^ ^

 

 

 

9月のJusdit

◆One Month Program
◆Two Months Program
→各3名様ずつ募集中
詳細メールご希望の方はこちらよりお問い合わせください。

脱・初心者コース(3ヶ月)
→2名様募集中

日常英会話マスターコース(6ヶ月)
→1名様募集中


無料ガイダンスも承っております。
お申込み・お問合せはこちらよりお願いいたします。